生きる=表現する

わたしたちは生きているだけで表現をしています。

どんな服を選ぶのか?
アクセサリーは?バッグは?
どこに行き、誰と会い、どんなふうに話をするのか。

どんな仕事をどんなふうにするのか。
何に興味を持ち、何を好むのか。何を嫌うのか。


日常生活、生きているすべてが、表現に繋がります。


上手に、きれいに、ではなく心が動くかどうか

ひとの心に届く表現とは、

自分の心が感じているか、
自分の世界観、感性と一致しているか、
歓びとなっているのか、が鍵となります。


そのため、ココロオドルVoiceラボでは、

1.自分と繋がること
2.自分の感性、感情、感覚、直感を感じられるようになること

を、大切にしています。


表現とは、生き方、生きざまそのもの。
そして、さらに声や表現を育て磨き深めていくことも、より心地よい深い表現へと繋がります。


表現したい、は根源的欲求である

『表現したい』
これは、わたしたちの根源的欲求のひとつです。

わたしたちは、何かを表現して生きていきたい。
自分が自分たらしめる何かを、表現したい。


この望みは、眠っているひともいれば、早々に目覚めているひともいます。
本当はやりたいと思っていても、あたまの声が打ち消している場合もあります。

コースやセッションで本来の自分に還る過程の中で、
たくさんの方々が、歌いたい、何かしたい、何か表現したい、とステップを踏んでいきます。


表現をして生きること。
これが、より豊かで、より自由な人生を導いてくれます!


表現ツールは、人それぞれ

歌、音楽、朗読、踊り、絵、物づくりなどのアートや芸術、パフォーマンス、
言葉、文章、詩、などの文学、

何かをクリエイトすることが好きなひと、
料理、ファッション、仕事、、、表現のツールは、挙げだしたらキリがありません。


ありとあらゆるすべてが、表現です。


自分の魂が歓ぶ表現ツールは何か。
それを探し、チャレンジしていく。

これが、ココロオドルVoiceラボの愉しみのひとつでもあります。


表現とは歓びである

表現するということは、魂の歓びとなります。

生きる歓び、自分であることへの歓び、ともに分かち合える歓び。
そこには大きな可能性と魅力が広がっています。


生きる歓びを、ともに拓いていきませんか。
仲間とともに歓びを分かち合い、味わいながら、ココロオドル人生を歩んでいきましょう。