柚月悠生 ゆづき ゆうき
(本名:吉武悠貴)

福岡に生まれる。
2021年に福岡県うきは市に移住。

幼少期は、
優等生を崩せない、
自分を出すのが苦手な自分と、

楽しく明るく話す自分との、
両極端な面を感じていた。

高校時代は演劇部、
大学時代は文化人類学を専攻。

大学の卒業研究は、
フィールドワークで、
世界地図を指差し、偶然人差し指が触れた島を
研究対象とし、

いざ、『トラック島』へ。


予備知識ゼロ、1か月後の帰りのチケットだけを握って行った初めての島では、
飛行機を降りてまず英語が通じず、愕然とする。

2度目の滞在では、
着陸時に飛行機のタイヤが3つパンクし、愕然とする。

現地での文化と、環境問題を調査した。



当時のコンプレックスは、
『自分はなんて真面目で普通でおもしろみのない人間なんだ。』
本気で悩み、変人に憧れる日々。

また、
アフリカ研究に進む予定を急遽取りやめ、

『一番縁遠いジャンルに進んでみよう!』と、
システム開発会社に入社する。


面接時のパワーワードは、
『パソコンですか?はい、持ってます。』

しかし、入社2年目には
一生続けるのはこの仕事ではないと考え、

ここではないどこかを求め、
天職探しをスタート。

残業に追われる中で、
秘書検定、児童英語教師、健康管理士、と、
迷走しながら資格を取得していき、

NLP、心理学、催眠との
運命の出逢いを果たす。



『こんな世界があったんだ!』
人間の心が仕組化されてることに感動し、

様々な心理学、カウンセリング、
コーチング、精神医学等の学びを重ね、
社内・社外でセミナーを開催。


働く女性を対象とした
スピーチコンテストでは、
全国で最優秀賞を受賞する。


2012年、心屋仁之助氏に師事。
システム開発会社を13年目に退職し、

カウンセラー、
心理セミナー講師として起業。


同時期に、
イタリア在住の声の師匠に師事。


習得を重ねた後、
声のワークショップや
ボイスレッスンを始め、
見てきた声は3,000名を超える。


声を視れば、
その方の悩みや迷いが分かるようになり、

声を聴き、魅力や才能を解し、
解決と解放へと導く。


活動範囲は、福岡・東京から、
大阪、名古屋、神戸、
沖縄、北海道、東北、ハワイ、と、
全国、海外に広げ、

各地にてセッションや
ワークショップを開催。


声から人生を紐解き、
声から人生を変える。


人生において様々な悩み、
コンプレックス、
望みを持った方々が訪れ、


涙を流し、
笑い、
生き方が変わったと、
多くの声が寄せられている。


***


2016年7月7日
ココロオドルVoiceCompany株式会社設立

2018年
朗読・語り家としても活動。
CDを発売、全国ツアーも開催。

2018年3月27日
ココロオドル声の研究所設立


心理学、脳科学、ボイトレ、
ボディメソッド、演劇メソッドを
融合させた新しいメソッド、

’One’derful Voice メソッドを確立。


人の声を4つのエネルギーに分けた、
パーソナルヴォイス診断を開発する。

声から、
魅力、性質、本質、使命、
向いていること、苦手なこと、
コミュニケーションのクセ、
思考のクセ、ブロックなど、

様々なものを読み解き、
本来の在るべき方向へと導いていく。


どうしてそんなことまで分かるの!?と
誰もが驚くヴォイスリーディング力は、

自分では気付かない心の声や
魂の声を言語化し、
体感してもらうことができる。

出逢うすべてのひとが、
魂が歓ぶ生き方で生きること。

これをヴィジョンに掲げ、


心の声に従い、
身体の声に耳を傾け、
本来の自分の声で生きる。

自分を知り、
自分らしく生き、
個性、才能、魅力を活かし、
自分を解放し、表現する、

声軸、という生き方を伝えている。


今はオンラインでの講座を開催中。
全国、海外に届けている。